貿易事務に転職しよう【転職の際には非常に有利になるスキル】

メニュー

体力が必要

履歴書

志望動機のポイント

現場監督とは、工事現場で監督を行う人のことです。施工管理と呼ばれることもあります。現場監督になるには、建築会社に採用されるのが一般的です。多少経験のある人ならば、派遣として働くという選択肢もあります。現場監督は給料が高いので稼ぎたい人には人気のある仕事です。また一度経験者となると転職も容易なので、その点でも魅力があります。現在は人手不足のため、未経験の人でも採用されやすいという状態ですが、誰でもいいわけではありません。現場監督として求められるのは、コミュニケーション能力と体力です。現場監督は多くの現場作業員を統率します。現場作業員は会社の一員だけとは限らず、バイトの作業員もいます。比較的荒っぽい性格の人も多いため、高いコミュニケーション能力と人的魅力が必要となります。また屋外作業となるので、体力も非常に重要です。建築会社など、新卒採用を行う際はラグビー部など体育会系の部活出身者に限定してリクルートすることもあるほどです。人手不足が激しい会社ではそこまで体力のことは言わないかもしれませんが、一般的に体力が少な目の女性などはやはり不向きというイメージで見られることも多いです。また工期通りに工事を終えられるように、考えながら仕事をすすめる必要もあります。そのためにも頭のよい人の方が採用されやすいという側面もあります。ただ学歴で見るのではなく、総合的な人間力や頭の良さを見ることが多いです。